About

Tatsuya Fujimoto

Filmmaker | Live visuals

facebook
twitter
instagram
tumblr
youtube
vimeo

1989年 兵庫県生まれ。映像ディレクション、ブランドPV、国内外のアーティストのVJなどを行いながら、自身の作品制作を行う。近年では2015年BERLIN ATONAL、2016年ヴェネチア国際現代音楽祭、2018年MUTEK JPにRyo Murakamiと共演している。2019年メルボルンのギャラリーにて個展を行いショートフィルムを発表した。同年スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラで開催されたWOS FESTIVALにてHELM (PAN/Alter)と共演する。自身の作品コンセプトとして「普遍的」な感覚への違和感、反発などを独自の目線で映し出した作品を展開している。

Born in 1989, Hyogo. Fujimoto engages in visual direction, brand PV and VJ for Japanese and international artists, meanwhile he also produces personal work. In 2015, he was in charge of visuals for Ryo Murakami at Berlin Atonal. The following year, Fujimoto performed with Ryo Murakami at the International Festival of Contemporary Music held at Venice and MUTEK.JP at Tokyo, and continues to expand work opportunities overseas. Fujimoto’s work gives a nuance of ‘normal’ perception and repellence from a personal perspective.